01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

岩美町地域おこし協力隊1期生 活動日記

岩美町地域おこし協力隊1期生3人のブログです。2016年3月で任期満了になりましたが、その後もそれぞれ活動しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

徳島へ民泊視察研修 

徳島県西部には、「そらの郷山里物語」という体験型教育旅行ができるネットワークがあります。
美馬市、三好市、つるぎ町、東みよし町の2市2町が観光圏をつくり、主に中高生の修学旅行として民泊を実施し、平成24年は27校3,458名の受け入れ実績があるそうです。
私たちは、2月20日から2日間、徳島県で一般社団法人そらの郷の取り組み説明や、民泊、農村暮らし体験の視察研修に参加しました。
ちなみに、若女将はスペインバルの準備があるため、岩美町に残り、2人で参加してきました。

1日目。
大歩危峡で昼食後、観光遊覧船で絶景の峡谷を見学。
その後、道の駅にて、そらの郷山里物語協議会スタッフによる体験型観光旅行事業の取り組み説明があり、質疑応答ではより詳しい内容を伺うことができました。
小中学生を対象に、ありのままの農山村暮らし体験することは、交流人口の拡大、精神文化の高揚、地域外貨獲得といったねらいがあります。
農山村体験は、特別なことをするわけではなく、日常の農作業や、郷土料理作りなどです。
そらの郷山里物語協議会が窓口となることで、簡易宿泊所の許可をとらなくても、多くの家庭で民泊が実施できる体制がよいと思いました。

徳島県大歩危峡
大歩危峡

そらの郷山里物語説明会
そらの郷山里物語説明会

事業説明のあとは、入村式。
5人ずつのグループで、それぞれの民泊家庭へ移動します。

民宿うり坊
民泊家庭。(民宿うり坊としても営業するそうです。)

民泊の場合、共同調理が基本ですが、今回は飲食営業の許可もとっている家庭ということもあり、すでにごちそうが用意されていました。
野菜は、すべて近くの畑で採れたもの。肉はお父さんが捕ったという猪です。
猪を提供するため、自宅に加工所まで完備していました。

徳島民泊交流会

夕食では、民泊や農村暮らし体験のことや地域振興についての意見が白熱し、深夜2時まで続きました。
みんな地域を良くしようとしている人ばかりなのです。
寝る前にお母さんが用意してくれた湯たんぽが温かかったです。


2日目。
朝食後、斧をつかって薪割り体験をしました。
畑には、空豆。はじめて見ました。
20世帯あるという集落をお散歩したり、かき餅でつくったあられを食べてお茶を飲んだり。

徳島 そらまめ畑

徳島薪割り体験

昼前には、吉野川ハイウエイオアシスに集合し、参加者25名と受入家庭の方々が感想を述べ、離村式を行いました。

鳥取県東部には、各家庭が簡易宿泊所の許可をとり、農家民宿として観光客を受け入れています。しかし軒数は少なく、教育旅行のような団体受入が難しいのが現状です。
岩美町には、臨海学校や部活・サークルの合宿を受け入れる民宿が東浜にありますが、農家民宿といった農村暮らし体験のできる宿という宣伝はしていません。
単町だけでなく鳥取東部の広範囲で受け入れ体制をつくっていくことや、担い手探し、体験プログラムの商品化など、今後の課題として考えてみたいと思いました。


民宿ウリ坊にて集合写真
みんなで集合写真。ありがとうございました。
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/22 Sat. 23:17 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

22

スペイン料理の試食会を開催しました 

甘えびフィデア
ごぶさたしております。民宿経営担当の若女将です。2月も中盤に差し掛かり、いよいよ4月の開業に2ヶ月をきってしまいました。まだまだするべきこと、身につけるべきことは多いのですが、先日開催いたしました試食会についてご報告しようかと思います。
 経営しようとしている民宿「旅人の宿NOTE」では、和食のみではなく夕食に岩美近海の魚介を使用したスペイン料理/地中海料理を提供したいと考えていますので、試食会もスペイン料理のコースをご用意しました。

メニューは、
・ソパデアホ(にんにくのスープ)
・オリジナルのパン
・若松葉の南蛮焼と長芋のエスカベッシュ
・甘エビを使ったパスタのパエリア
・クリームチーズのフラン

 先月、実は岩美を出て神戸のスペイン料理のお店で10日間ほどの修行を体験させていただいておりました。
これまで飲食業の経験がなく、スペイン料理をしたいという気持ちはあったものの、本で読んで作っただけでは「何が正解か」分からなかった部分について、色々指針を得られ貴重な経験をすることができました。ご紹介いただいた伝統的なスペイン料理メニューを今回はアレンジし、長芋・若松葉・甘エビといった、これからお客様に味わってもらいたい鳥取の素材を使用することを意識しています。新鮮かつ繊細な岩美の素材がスペイン料理の風味に負けてしまうのでは…?と心配しておりましたが、その点についてはほぼ心配ないと感じました。素材は力強かったです。
「なぜスペイン料理なの?」とご質問を受けるのですが「やってみたかったから」という子どものような答えしか今は用意がありません。今後答えをみつけたいと思います。

Posted on 2014/02/15 Sat. 21:29 [edit]

category: 若女将

TB: 0    CM: 0

15

岩美町の冬の料理勉強会 

岩美町は冬もおいしい食材が豊富です。
活がにも赤カレイもスーパーで手軽に購入できますが、都会ではなかなかないことなので、調理すらままならない。
民宿のオープンに向けて、地元の方にご協力いただき、料理の勉強会を行いました。

今回のテーマは4つ。
①若松葉(かに)の調理法
②赤ガレイの調理法
③茶碗蒸しの作り方
④魚のさばき方の基本

まず、若松葉について。
岩美町は松葉がにの漁獲量日本一ですが、脱皮後まもない、殻の柔らかい雄を、「若松葉」と呼んでいます。
松葉がにより安く、食べやすいかにで、お刺身にもなります。

ゆでがに用の若松葉は、活きたまま調理しないので、真水に逃がしておきます。
刺身用は活きたまま調理。
インターネットでレシピを検索すると、ふんどしを取って、真ん中に包丁で切り込みを入れて、と書いてありますが、今回は、足を持って中心にバキっと折って甲羅と足を切り離しました。
足の間接部分で切り落とし皮を切って氷水に入れます。
料理講習会若松葉のお刺身

花が咲いたようになったら、氷水からあげます。
食べるときはわさび醤油で。

ゆでがには、沸騰したお湯でゆでます。
若松葉は塩気があるので、塩はいれないそうです。
また、かにみそは水っぽいので、ゆでるときは、甲羅と一緒に入れません。

かにみそは、お鍋に移し、ざくっと切ったかにの足と醤油、みりん等で煮詰めたら、すごくおいしかったです。
何杯もごはんがすすみます。
若松葉のかにみそ
火を入れる前のかにみそ

次に、赤ガレイです。
こちらでは網代ガレイとも呼ばれていて、子持ちの大きなカレイです。
お刺身は、「こまぶり」という赤ガレイの子(たまご)とあえた食べ方があります。
今回は、煮付けとこまぶりをつくってみました。

たわしで尾から頭へ、カレイのウロコを取り除きます。
腹部を切ってからえらの両端を切り離すと、内蔵も一緒にとれます。
カレイは5枚下ろしというさばき方があるそうですが、初めての調理なので3枚下ろしにしてみました。
赤ガレイのさばき方

ちなみに、たまごは骨を挟んで裏表にひとつずつあります。

お刺身は、皮を剥いで、身を小さめに切り、たまごはお水から10分以上ゆがいてこしたものをさらにお鍋に火をかけて水気を取って冷まし、刺身とあえれば、こまぶりの完成です。

煮付けは、頭を左にして斜めに切り、半分にしてからお鍋で煮ます。
鍋底にくっつかなにように、今回はあらを下に敷きました。
味付けは、醤油、酒、みりん、砂糖。
分量は、適当です(適当と言われると困るのですが、見て覚えるしかないみたいです)。

茶碗蒸し、あじのさばき方の基本も教えていただき、とても勉強になりました。
すぐに旬が過ぎていくので、旬の食材を何度も調理することが今後の課題となりそうです。

Posted on 2014/02/10 Mon. 17:27 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

10

鳥取力創造まつりに出展しました 

2014年2月8日(土)に、米子コンベンションセンターで開催された「鳥取力創造まつり2014」に、岩美町地域おこし協力隊として出展しました。
「鳥取力創造まつり2014」とは、地域づくりなどに関わる団体が活動を紹介し、関心のある方同士がつながりをもって、もっと鳥取を元気にしよう! というようなイベントです。
私たちは、活動を紹介するパネル展示や、今年オープン予定のどんづまりハウス、旅人の宿 NOTE(ノート)のチラシ配布、女将のスペイン風クッキーの試食などを行いました。
開場と同時に、ブースには多くのお客さんが立ち寄られ、活動をPRできてよかったです。
また、ほかのブースの活動も参考になり、岩美町でもできることを考えて、実施していきたいと思います。

鳥取力創造まつり2014a
出展ブース

鳥取力創造まつり2014どんづまりチラシ
正方形のどんづまりハウス紹介チラシは、折るとキノコになります。

午後は、知事のトークショーや、ゆるキャライベントもありました。
鳥取力創造まつり2014しまねっこ

■日本海新聞関連記事はこちら

Posted on 2014/02/09 Sun. 23:31 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。