03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

岩美町地域おこし協力隊1期生 活動日記

岩美町地域おこし協力隊1期生3人のブログです。2016年3月で任期満了になりましたが、その後もそれぞれ活動しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

はるばる函館~スペイン料理フォーラムへ 

こんにちは、民宿再生活動担当の若女将です。先日、休暇を利用して面白いイベントへ参加して参りましたので、ご報告させていただきたいと思います。場所は、函館。内容は、『スペイン料理フォーラム2014』および『バル街』です。民宿でお出ししようとしているスペイン料理の情報を求めて旅をして参りました。

0342.jpg

インターネットで何でも情報が手に入りレシピも砂丘の砂粒の数ほども掲載されている現代ですが、残念ながら、パソコンからは「味覚」情報は得ることができません。また、顔を向かい合わせての出会いということも。

『バル街』は、町中の店舗がピンチョス(おつまみ)とドリンクを用意し、参加者が店をはしごしつつ函館の街を巡るというイベントです。10年前からこの形式でイベントを立ち上げられており、今では参加店舗が76もあるとのこと。チケットは前売り完売になっていて当日券の列に並ぶことに。前回は朝6時から当日券を求めて並ばれた人もあったとか。人々の熱気がすごいと思いました。

バル街のピンチョスとドリンク↓
bar.jpg


『スペイン料理フォーラム』では、スペイン料理等料理界の第一人者の方々と私の様な若葉マークが直に質問・お話ができる素敵な機会を持つことができました。「日本人がスペイン料理をして本当のスペイン料理を作ることができるのか」そして「本当においしいものとは??」キャリアや立場は異なれどその答えの探求は変わらないのだなと実感です。

函館の夜景もちゃっかり観てきました↓
0381.jpg


スポンサーサイト

Posted on 2014/04/23 Wed. 23:44 [edit]

category: 若女将

TB: 0    CM: 0

23

お接待場作りました&看板立てました 

こんにちは、民宿再生活動担当の若女将です。再生民宿の「旅人の宿NOTE」開業日から2週間ほどが過ぎました。先ごろ、初めての宿泊のお客様も拙いながら何とかお迎えすることが出来、ほっとするとともに、お客様から頂いた色々なご意見を活かして大事にしようと改めて思いました。

 旅と宿の思い出が嫌な気分になってしまうというのは、最悪なできごとです。私にも旅行先のアクシデントの思い出は色々あって、笑い話になることもありますが、サービスの上で軽んじられたという事は、きっと何かの拍子に思い出したりがでてきます。
岩美町の印象にも関わってくることだとも思います。プレッシャーはありますが、一件一件のお客様をどうやって大事にしていくかをいっぱい悩んで、工夫で解決していきたいと思います。

若干、タイムラグができてしまいましたが、看板を掲げましたのでご報告いたします。これを目印にぜひ、お越しくださいませ。
看板1
看板2


また、主にアニメFree!のロケ参考地巡りをされている方向けに、浦富の福乃家さんとタッグを組んで「お接待場」を設けることにいたしました。これは、四国八十八か所のお遍路さんにお接待をする習慣があるというのを以前に聞いて、同じようにしてみたらどうだろう?とフト思いついたものです。

お接待チラシ本番


公共交通をご利用の方で、電動自転車で町内を観光される方は、結構汗をかき喉が渇くと思います。お茶は無料でご接待させていただきますので、休憩や雨宿り等にどうぞお気軽にご利用ください。

Posted on 2014/04/15 Tue. 11:09 [edit]

category: 若女将

TB: 0    CM: 0

15

岩美町の天然のわかめ 

岩美町は桜満開、草木が緑色に変わりはじめ、あたたかい日が増えています。
海も穏やかになり、わかめの漁もはじまりました。
わかめは4月から5月末まで採れるそうですが、
5月になると塩辛くなるので、4月のわかめがいちばんおいしいそうです。
今日は、東浜の民宿、東浜20号宿舎の中村さんのわかめしゃぶしゃぶをいただきました。

わかめしゃぶしゃぶセット

岩美町採れる天然のわかめを軽くゆがいて、ポン酢やゴマだれにつけて食べます。
採れたてのわかめは茶色っぽいのですが、お湯につけるとすぐにきれいな緑色に。

わかめしゃぶしゃぶ 前
わかめしゃぶしゃぶ 後

こんなに美味しいわかめは今までに食べたことのない!!
シャキシャキした食感でとてもおいしかったです。

中村さんは、板わかめも作っています。
中村さんの板わかめ

そのまま食べてもよし、ごはんにかけてもよし。
ごはんと板わかめふりかけ

板わかめは、岩美町で採れる天然のわかめを1日天日干しにして作っています。
朝干して、14時ごろから取り込む作業があるそうです。
板わかめづくり体験も企画中。

板わかめ 干し中
板わかめを干しているところを見学。

中村さんの民宿に泊まれば、朝早くから板わかめを干して、お昼にわかめしゃぶしゃぶをいただき、ちょっと東浜の海辺を散歩したあとに、完成した板わかめを袋づめしてお持ち帰りという充実した1日が送れるかも。

今日は食べてばかりだったので、今度は朝からお手伝いにいきたいと思います。



※わかめ採りには漁業権が必要です。

Posted on 2014/04/09 Wed. 22:41 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

09

【日本海新聞に載りました】〜訂正とお詫び〜 

今日(4/2)の日本海新聞に、鳥越どんづまりハウス担当の
地域おこし協力隊岩田の記事が掲載されました。

日本海新聞岩田




記事の中に、鳥越どんづまりハウスの誤情報がありましたので
訂正させていただきます。


「地域の女性3人と運営する。」とありますが正しくは
「男性2人女性1人」です。


それから、「手作り味噌」とありますが
これは蒲生地区(馬場)の方が作っている手作り味噌のことです。
どんづまりハウスで作った味噌ではありません。
もちろん、今後挑戦してみたいです。




今回はお店としてではなく私自身の取材でしたので
ワークショップや店舗販売等の話も、あくまで私がしてみたいと思っていること
ですので残念ながらまだ具体化していません。
これからその思いを地域の方に伝え、形にしていけたらと思っています。



もしこれらの情報をみて期待して下さった方、申し訳ございません。

実際きてみて「あると思っていた、そうだと思っていた」とがっかりさせてしまうのは申し訳ないので
この場で訂正&補足させていただきました。



協力隊として活動してきて9ヶ月が経ちました。

これまで、有り難いことに情報を発信する機会をたくさんいただいてきました。

たくさんの方に知っていただける嬉しさと有り難さ、
上手く伝わらずに返ってお客様や地域の方に迷惑をかけてしまう怖さ。
どちらも感じてきました。


取材に限らず、普段のコミュニケーションでも
伝えるって難しいなと思います。

自分の力不足の痛感と、これからの目標ができた岩田でした。




なんだか暗くなってしまいましたが、今回取材していただけたことは
本当に嬉しかったです。
日本海新聞さん、こんなに大きく載せていただきありがとうございました。
しかもデザインが可愛い・・・!痩せたい・・・・!






それから、「載ってたよ〜!」と新聞を届けてくれた
近所のHさん、ありがとうございました。





岩田 (^o^)〈旅人の宿NOTEオープンおめでとう♪





P・S
なぜか、どんづまりハウスのHPが表示されなくなった・・・泣

Posted on 2014/04/02 Wed. 13:04 [edit]

category: かおちゃん

TB: 0    CM: 0

02

千客万来 旅人の宿NOTE 

民宿再生活動担当の若女将です。
本日より、旅人の宿NOTEが正式開業の運びとなりました。ご支援いただいた皆様へこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

昨年の7月より鳥取に赴任して以来、楽しいこと・苦しいこと、感謝のとき・又・自分を責めたくなるとき、色々な出来事がありました。仕事は思いつくことはして来たつもりですが、まだまだ心細いという気持ちの方が多いように思います。いずれ仕事に誇りが持てるように努めていきたいと思います。

お客様が心と体を休めることが出来る場所。安らぐお料理。忘れられない思い出。??その答えを求めてゆけば扉が開かれ結果が実る時も来るだろうと信じて、いよいよスタートです。

Posted on 2014/04/01 Tue. 22:02 [edit]

category: 若女将

TB: 0    CM: 0

01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。