11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

岩美町地域おこし協力隊1期生 活動日記

岩美町地域おこし協力隊1期生3人のブログです。2016年3月で任期満了になりましたが、その後もそれぞれ活動しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

竹ドームでクリスマスイルミネーション 

メリー・クリスマス!!

クリスマスを、地域の子どもたちにも楽しんでもらおうということで、
どんづまりハウスでのイベント企画にも上がっていた「竹ドーム」に挑戦しました。

12月14日、岩田隊員企画のもと、沓井自治会の皆さんで制作開始。
前日に切り出した竹を縦に割っていきます。
竹ドーム作成現場
あいにくの雪のため、造船所の中をお借りしての作業です。

竹ドームの竹を割る作業
竹を割った、組み立て。麻ひもで固定し、LEDの電飾を取り付けました。

そして、12月20日、点灯式!
沓井竹ドームイルミネーション2014
2014年12月20日(土)〜28日(日)の17:00〜20:00まで、沓井公民館前の三角公園で見ることができます。
場所は、浦富海岸島めぐり遊覧船のりばから沓井大橋をわたってすぐ右の広場です。

スポンサーサイト

Posted on 2014/12/24 Wed. 23:07 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

24

ばばちゃんのフルコース 

今年度2回目の料理講習会。テーマは、ばばちゃん
秘密のケンミンショーでも紹介されましたが、ばばちゃんは、岩美町で食べられている深海魚で、学名はタナカゲンゲといいます。淡白な味の白身魚で、油とよく合い、唐揚げにしたり、鍋にしたり、煮付けにしたり食べ方もいろいろ。
今日は、ばばちゃんのフルコースメニューを学びました。

12月に入って値が上がっていますが、ばばちゃんは、スーパーでも入手可能な安価な魚です。
本日のばばちゃんは、浜勝商店さんで、1500円と2000円のものを購入。
メニューは下記の通りです。

●皮の酢の物
●お刺身
●かまの塩焼き
●頭の煮付け
●唐揚げ(変わり揚げ)
●ばばちゃん鍋


【下ごしらえ】
さっそく調理に取りかかります。
まず、なによりも大事なのが前処理です。
古いとぬめりがたくさんあり、生臭くなるとか。
まずは、金ダワシでゴシゴシとぬめりを取り除きます。軍手をすると滑りにくいです。

次に3枚に卸します。
最初に頭を落として、頭は、カマを切り、エラを取り除き、頭上の軟骨を中心に半分に切ります。
ばばちゃん料理講習会01

身は、尻尾から骨にそって切ります。
ばばちゃん料理講習会02

【酢のもの】
皮を尻尾側から剥がし、内側についた身を包丁で取り除きます。
ばばちゃん料理講習会03

皮は、少しずつお湯に入れて、軽く湯がき、氷水に放ったあと、再度皮だけになるよう分けます。
ゆずの皮と酢と合えて完成。

【お刺身】
皮を取り除いた身を、湿らせた昆布の上にのせ、薄く塩をふって昆布で挟み、冷蔵庫で1時間ほど置きます。
昆布から身を出して、のしに切ってできあがり。

【かまの塩焼き】
かまは、軽く塩をふってオーブンで焼きます。
魚焼きの網でもOK。

【煮付け】
ばばちゃんの頭は、醤油、みりん、酒、水で煮ます。
煮崩れしないよう、ごぼうなどを使います。
ほほの部分が美味しい!

【唐揚げ】
皮をとった身を一口大に切り、塩こしょうをふります。
パン粉の変わりに色のついた浮き粉や、クラッカーを粉々にしたものを使って揚げます。

【ばばちゃん鍋】
昆布でだしをとり、皮のついたままの身を入れ、鍋の具材を入れます。
身は、事前に湯引きすると、臭みがとれ、汁がにごりません。

ばばちゃん料理講習04
いろいろできました。

ばばちゃん料理講習会のばばちゃん鍋
ばばちゃん鍋。

1匹の魚からいろいろなメニューができるばばちゃん。
下ごしらえがちょっと面倒だけど、とても美味しいお魚。
ぜひ岩美町に食べにきてください!


<次回の料理講習会のお知らせ>
日時:2015年1月14日(水) 10:00〜13:00
会場:なごみの館(浦富地区公民館) 調理室
第3回テーマ:「ばばちゃん」実践編
   第2回で習った内容を実践。お客さんを想定して試食会を行います。初めての方は、基本となる調理方法を学べます。
講師:福本 則子(食事処・福乃家)
参加資格:岩美町での民宿経営に興味のある方ならどなたでも!
申込方法:こちらのブログか岩美町地域おこし協力隊のFacebookページからご連絡ください。
参加費:無料
持ち物:エプロン、三角巾、ふきん、筆記用具、米1合

Posted on 2014/12/17 Wed. 00:42 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

17

東の鷲宮、西の岩美! 

先月のアニメの聖地視察、「けいおん!」の滋賀県豊郷町に続いて、今月は、「らき☆すた」の聖地、埼玉県久喜市の鷲宮へ行ってきました。今回は、研修のため3人で東京に来ていたので、地域おこし協力隊3人で探訪。

「らき☆すた」は、2007年4月に放送を開始したアニメで、聖地巡礼で地域が盛り上がった成功事例としてメディアにも多く取り上げられています。その仕掛け人でもある、久喜市商工会鷲宮支所の松本さんを訪ねました。

鷲宮商工会資料

パワポのスライドに沿って、これまでの取り組みを説明していただき、質疑応答、雑談など。
アニメの製作会社や、せっかく来てくれたアニメファンに楽しんで帰ってもらいたいという気持ちは、岩美町も共通していて、話が弾んでつい3時間も居座ってしまいました(^^;;

鷲宮商工会のピンチをチャンスに変え、ノリで駆け抜ける行動力がほんとにすごかったです。

「オタ婚」という、オタクやオタクに理解がある人の婚活事業をされていて、名前だけ聞くと地域の課題に作品を活用したのかと思いきや、内容がおもしろく、みんなで楽しいことをして、かつ婚活にもつながる良さそうなイベントでした。
ファンは婚活に興味ないかもしれないけど、岩美町でも高校の教室やプールが利用できたり、作品にある海辺の夏合宿の要素を取り入れたら、みんなで楽しめそう! と、印象に残りました。

アニメの聖地は、作品のターゲットと同様に男性であることが多く、その点、岩美町は女性ファンばかりという大きな違いがありますが、アニメをきっかけに、ファンと地域が楽しんでいる様々な企画がとても参考になりました。

「東の鷲宮、西の岩美」と、言われるくらい、アニメファンにとって居心地のいい地域になればと思います。

鷲宮神社オープニングらき☆すた
商工会を後にして、「らき☆すた」のオープニングで登場する鷲宮神社へお参り。
鳥居前の大酉茶屋で休憩しました。

大酉茶屋
大酉茶屋の中は、アニメ色。


松本さん、ありがとうございました。

Posted on 2014/12/05 Fri. 00:38 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

05

起業・事業化に向けた研修会に行ってきました。 

12月1日(月)から2日間、東京で行われた「地域おこし協力隊定住のための起業・事業化に向けた研修会」の報告です。
地域おこし協力隊の任期終了後における地域への定住に向けて、起業および事業化に必要な知識、ノウハウを習得することと、任期終了後の事業や活動を隊員自身が客観的・集中的に見つめ直して、整理する機会とし、今後の活動目標や活動内容の具体化につなげることを目的に、開催されました。参加者は、南は沖縄、北は北海道まで全国の地域おこし協力隊約112名。
今回参加した私たち3人の任期は、来年度末(2016年3月)までで、来年度の活動が定住に向けて重要になるので、しっかり勉強してきました。

カリキュラムは下記の通り。
1日目:ノウハウ取得編
○主催者JOIN、後援者・総務省挨拶、オリエンテーション
○研修①:「ビジネスプランの基礎知識」    
   ・講師:㈱価値総合研究所 岩崎正敏 氏
   ・事業計画の意義、資金計画・損益計画作成の基礎知識
   ・社会的責任、資金調達、金融機関との関係 等
○研修②:「ビジネスプランをイメージしてみよう」
   ・講師:㈱ブルームコンセプト 小山龍介 氏
   ・ビジネスモデル・キャンバスを用いたビジネスプランの検討
○研修③:「地域を売り込む ~ICTを活用したマーケティング」 
   ・講師:ヤフー㈱  佐竹 正範 氏 
   ・Eコマースの手法、インターネットを活用したマーケティング
○研修④:「Get Found〜ネットの海で“見つけてもらう”ためのコンテンツマーケティング入門」
   ・講師:㈱イノーバ  亀山 將 氏
   ・コンテンツマーケティングの基礎知識
○懇親会 19:45~ @Yahoo!社員食堂 BASE6  


2日目:グループワーク・実践編 
○研修⑤「ビジネスプランを考えてみよう」(コース別)                       
・Aコース:集客ビジネス(飲食業、宿泊業等のサービス業)
【メイン講師:井門隆夫氏、 サブ講師:佐藤喬氏、菅原哲也氏、山田祐子氏】
・Bコース:加工・販売ビジネス(産品加工・販売等)
【メイン講師:松本謙氏、 サブ講師:石原綾子氏、山下典江氏】
   ・各コース別に、担当講師からビジネスプランの考え方、ポイント、事例等についての講義
   ・各グループ内で、受講者のビジネスプラン案について相互意見交換
   ・受講者それぞれのビジネスプラン作成・ブラッシュアップ(適宜講師・サブ講師が指導)
○研修⑥:「講評」(全体) 
・井門講師・松本講師・小山講師 ※受講生のビジネスプランを適宜取り上げながら講評をいただく
○閉会

起業・事業化に向けた研修会1
1日目は、六本木のミッドタウン内にある、ヤフー株式会社会議室での研修。

ビジネスプランの基礎知識として、まず事業計画書をしっかりつくること。
金融機関からお金を借りる際にも重要な書類になります。企業会計についてもある程度知識が必要。
ビジネスプランをイメージするにあたって、研修②では、CS(顧客セメグメント)、VP(価値提案)、KR(リソース)など、ひとつひとつ付箋に書き出しながら貼っていき、付箋をはがしてまとめ、また足りない部分を付箋で埋めていくという作業をしました。インターネットを活用したマーケティングなどの講演も。
講師の自己紹介の際、小山先生が前日まで、長野県で参加した「おぶせ能」の話をされていて、女将(小林)も能の声楽に当たる謡(うたい)を学生時代からやってるため、だいぶ食いついてましたw

1日目終了後、住所が明かされていない噂のYahoo!社員食堂にて懇親会。
Yahoo!社員食堂懇親会
他県の地域おこし協力隊員や、Yahoo!の社員の方と交流しました。

Yahoo!社員食堂2階

2日目は、フクラシア品川にて。
事業計画書の作成がメインでした。講師のみなさんに相談しながら、作っていきましたが、自分たちが考えてることは、ビジネスプランでなくただのライフワーク…。
損益(収支)計画を立てると、なかなか採算が合わなかったり、売上高の低い事業になってしまったり。

起業・事業化に向けた研修会@品川

まだまだブラッシュアップが必要です。

サブ講師で参加していた、島根県の海士町観光協会の佐藤さんは、行商人として首都圏での「離島キッチン」を手掛け、実は秋田県の現役地域おこし協力隊。隠岐島の観光協会でクリーニング屋まではじめてしまったり、おもしろい話がたくさん聞けました。地域での事業化の可能性を感じました。

Posted on 2014/12/04 Thu. 12:23 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。