01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

岩美町地域おこし協力隊1期生 活動日記

岩美町地域おこし協力隊1期生3人のブログです。2016年3月で任期満了になりましたが、その後もそれぞれ活動しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

鳥取力創造まつり2015 

今年も、「鳥取力創造まつり」にブース出展をしました。
倉吉未来中心で行われた「鳥取力創造まつり2015」では、3人でつくった「岩美町かるた」を初公開!
どんづまりハウスや、旅人の宿NOTEのパンフレットとともに、3月14日のコラボイベントの告知もしました。

鳥取力創造まつり2015地域おこしブース
かるたとパネル

鳥取力創造まつり2015全体
会場の様子

また、午後はトークセッション「観てよし 暮らしてよし とっとりのチカラ」や移住定住をテーマにした分科会「もっと移住者に優しい鳥取県にしよう!」に参加しました。
地域のファンを増やし、観光から定住につなげている海士町の取り組みや、移住者の仕事探しについて、地域の課題とマッチングさせるしくみなど、参考になる内容でした。

なお、平成26年度鳥取県力創造運動活動表彰で、岩美町観光協会の「岩美町の魅力を再発見! アニメを活用した観光振興事業」が優秀賞を受賞しました。
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/28 Sat. 23:03 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

28

味噌づくり〜後編〜 

味噌づくり後半戦!

3日目。
大豆を洗います。

味噌づくり2015-3日目大豆
もちろん大豆も岩美町産!
1斗のお米に対して、13kgの大豆を使用しました。

味噌づくり2015-3日目大豆洗う
水で2、3回洗い流し、1晩水に浸します。

味噌づくり2015-3日目こうじ手入れ
次に、糀(こうじ)の手入れ。
発酵器から出して、米をほぐします。この手入れは、朝(9:00)と夕方(15:00)に1回ずつ。
ほぐしたらまら発酵器に戻します。
ファンの設定は、朝38℃に、夕方40℃に上げていき、3日目終了。

4日目。
今日が最終日です。

1晩水に浸した大豆はふっくら。
圧力釜で煮ます。
味噌づくり2015-4日目大豆

圧力計の針が「0.1」になってから20分。その後、針が「0」に戻るのを待ってオープン!
味噌づくり2015-4日目圧力窯

熱々の大豆を外で冷まします。
味噌づくり2015-4日目大豆を冷ます

一方、糀班は発酵器から米糀を出し、ほぐしていきます。
味噌づくり2015-4日目こうじ

パラパラになったら、糀と塩を計り、オケで混ぜ合わせます。
初めての味噌づくりなので、今回は「4合塩」。
8kgの塩と6リットルの湯冷ましを混ぜ合わせました。
味噌づくり2015-4日目まぜる

ミンチにする機械を組み立て、上から混ぜ合わせた大豆を流し込みます。
ミンチになった大豆を手でよくこねて、味噌たるに投げ、空気を抜きます。
味噌づくり2015-4日目ミンチ

出来上がりは全部で50kg!
参加者みんなで分けて持ち帰り。
味噌づくり2015-4日目みそ仕込み完了

食べれるのは9月ごろとのこと。
各自しっかり保管して、9月にはどんづまりハウスで味噌の食べ比べ会を開催する予定です。
保管場所でどれだけ味が変わるのか??

味噌づくりを指導していただいた先生方、ありがとうございました!
また来年もつくります!

ちなみに、岩美町の米と大豆でつくられら味噌は、浦富にある「岩美ふれあい館」で販売しています。
鳥取県岩美郡岩美町浦富2475-90
農家直送の新鮮な野菜も販売してますよ。

Posted on 2015/02/26 Thu. 22:13 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

26

味噌づくり〜前編〜 

味噌づくりはじまりました!

1日目。
米を洗って水に浸します。

今回使うお米は、もちろん岩美町産。
米1斗(約15kg)を3回くらい水で洗い流してから、水を入れて1日浸しました。
味噌づくり2015-1日目

2日目。
米を蒸します。
せいろに濡らした布を敷いて、ザルにあげた米を入れます。
味噌づくり2015-2日目セイロ

今回は、1斗を5升ずつに分け、2斗分を一気に蒸しました。
蒸し器は、一番上から蒸気が出てから20分後に、セイロの積み替えを行い、さらに20分。
合計40分蒸します。
味噌づくり2015-2日目蒸し器

米を蒸している間に、発酵器を消毒して、温度設定等の準備。
糀(こうじ)仕込み時は、ヒーターを34℃、ファンは自動で36℃に設定します。
味噌づくり2015-2日目発酵器

米が蒸し上がったら、広げて40℃に冷ましてから「糀菌」をまぶして混ぜ込みます。
糀は米味噌用の「糀菌」20gが米1斗分。
米が熱すぎると「糀菌」が死んでしまうそうなので、手でつかめるくらいにほぐして冷ましました。
味噌づくり2015-2日目こうじ菌

発酵器にねかせて2日目は終了。
温度計を米の中に差し込んでセットします。
味噌づくり2015-2日目米こうじづくり


4日間の日程で行われる味噌づくり。
明日は、朝と夕方に糀の手入れをして、大豆を洗って水に浸します。
そしてあさっては、いよいよ大豆を煮てミンチ、他の材料と混ぜて仕込み完了予定です。

Posted on 2015/02/24 Tue. 13:51 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

24

大阪でモサエビをPR! 

今日は、大阪日帰り出張。
新聞社や旅行関係の情報誌の会社へ、「モサエビ」をPRしに行ってきました。

濃厚な旨みが特徴の「モサエビ」は、いま岩美町で食べることができます。
鮮度が味の決め手になるため、地元でしか食べれない幻の一品。
町内の民宿や食事処では、5月末ごろまで提供しており、
お刺身のほか、塩焼きやモサエビ汁、茶碗蒸し、フライ、煮物など、フルコース料理も可能です。

この美味しさを感じてもらい、もっと多くの人に伝えたいということで、
実際に「モサエビ」を持って行き、記者の方にお刺身など食べていただきました。

モサエビ写真

地元でしか味わえないモサエビ、是非、岩美町に食べに来てください!!

Posted on 2015/02/20 Fri. 23:50 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

20

現場で学ぶ「地域の課題解決向上」講座に参加しました 

鳥取大学地域再生プロジェクト・鳥取県連携講座『現場で学ぶ「地域の課題解決向上」講座③〜鳥取市中心市街と湯梨浜町の空家を活用したアートと人がつながる地域再生に学ぶ〜』に参加しました。
やはりタイトルが長い…。

参加者は行政職員と鳥取大学の学生と若干の民間人。
まず、鳥取の現状として、鳥取大学地域学部の野田教授より講義。
若者の地域外流出はどこの地方もありますが、
この現状を打開するにはやはり、若者のIターン、Uターンが必要。
「仕事」「生活環境」の他に、「地域の魅力」こそが重要とのことでした。
とくに、空き家や空き店舗の増加を強みに変えるため、若者とマッチングして活用していく。
これらの事例として、ホスピテイルプロジェクトの旧横田医院や、ことめやを見学しました。

現場で学ぶ「地域の課題解決向上」講座の野田教授
鳥取大学の野田教授の講義

現場で学ぶ「地域の課題解決向上」講座旧横田医院屋上
旧横田医院の屋上。NHKの取材も入ってました。

リノベーションスクールや、ゲストハウスたみの事例研究や、グループワーク、情報交換会など盛りだくさんの内容でした。

Posted on 2015/02/17 Tue. 21:25 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

17

中山間地域リーダー養成研修会及び鳥取力創造トーク 

タイトルからして長いですが、「平成26年度鳥取県東部地区中山間地域リーダー養成研修会及び鳥取力創造トーク〜地域で活動している人を知り、人を活かした地域おこし〜」に協力隊と役場担当者で参加しました。

八頭町地域おこし協力隊の活動紹介や、地域づくり団体活動事例の紹介後、グループにわかれて意見交換会が行われました。
個人的には、とっとり県民活動活性化センターの椿さんが紹介した「島根県雲南市」の事例が印象に残っています。
地域自主組織(小規模多機能自治)で、地域の課題をテーマに多様な主体が対等な立場で意見交換を行い、協働して取り組んでいくというもの。
ちょうど、このあいだ地区の総会に出席したのですが、各世帯の代表が出席していて、おそらく平均年齢は70歳くらいな感じでした。そこで感じた違和感が解消!
地域自主組織の考え方は、“1世帯1票制”ではなく“1人1票制”。
中学生も、主婦も、おじいちゃんも、子どもから高齢者まで、性別に関わらず様々な人が対等な立場で参加し、地域の課題を一緒に考え、協力していくこと。
岩美町の地域おこしは担当集落があるわけではありませんが、自分が住む集落の公民館活動など、小さなコミュニティから町を元気にすることにつなげたいと思いました。

中山間地域リーダー養成研修会及び鳥取力創造トークの椿さん
「島根県雲南市」の事例紹介

中山間地域リーダー養成研修会及び鳥取力創造トークの岩田隊員
グループの意見交換で全体に発表する岩田隊員


Posted on 2015/02/10 Tue. 20:21 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

10

雪の中の餅つき 

昨年、11年ぶりに復活した餅つき大会が今年も開催されました。
地域のお年寄りも、子どもたちも、旅人の宿NOTEのお客さんも、鳥取市内から岩美町に泊まりに来ていたご家族も、みんなでたのしくお餅をいただきました!

沓井餅つき2015

沓井餅つき丸餅2015
外は、雪と強風。
造船所内でお餅を丸めて、
沓井公民館では、きなこ餅とあんこ餅、おでんを振る舞いました。

Posted on 2015/02/08 Sun. 23:33 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

08

岩美町の新たなグルメ「赤がれいバリバリ丼」 

今月から発売開始となった岩美町の新たなグルメ「赤がれいバリバリ丼」。
提供店の福乃家さんに食べに行ってきました。

「赤がれいバリバリ丼」は、骨までバリバリ食べることができ、「海のたれ」「山のたれ」2種類のたれと、和風だしがついた味を変えて楽しめるどんぶり。
「海のたれ」は、いかすみをベースにした濃厚な味、
「山のたれ」は、梨をすり下ろして作られたさっぱりとした味です。
そして、〆は和風だしをかけてお茶漬けに。
ごはんには、らっきょうと赤がれいの子(卵)が混ぜ込まれています。

赤がれいバリバリ丼単品

食べ方は、女将さんが丁寧に説明してくれました。
其の一 海と山好みのたれで食べるべし
其の二 骨煎餅バリバリ音立て食べるべし
其の三 〆はサラサラだし茶漬け


骨はちょっと硬いかと思っていたけど、おせんべいみたいにバリバリ食べることができました!
野菜もたっぷりで「山のたれ」をかけるとサラダ感覚でさっぱり。

赤がれいバリバリ丼を食べる

2月1日から4月下旬まで、町内の11店舗で提供しています。
料金は、1,000円から。

福乃家さんのバリバリ丼

福乃家さんでは、お刺身や茶碗蒸しが付いて、1,500円で提供しています。

旬の味処 福乃家
TEL:0857-72-1576
定休日:不定休(盆・正月休み)
ご提供:昼食11:30~14:00
夕食:17:30~20:30(宿泊不可)
ご予約:要予約
※昼食1,500円~、夕食4,000円~
駐車場:30台(無料)

美味しいです!! 岩美観光の際はぜひ!!

Posted on 2015/02/06 Fri. 19:38 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

06

地域おこし協力隊ステップアップ研修@滋賀 

2月2日から1泊2日の地域おこし協力隊ステップアップ研修に参加しました。
1年目の初任者研修でもお世話になった講師のみなさんを迎え、活動のふりかえりと現在、これからを描くロードマップの作成や、地域おこし協力隊OBの事例紹介などがありました。

自治体によって、活動内容も環境も全然違うので、それぞれの成果や課題も異なりますが、それをシェアすることで、地域外からの客観的な意見や考えを聞くことができてよかったです。

地域おこし協力隊ステップアップ研修岩田隊員
1日目は、総務省から地域おこし協力隊施策の動向について、これまでの活動を振り返り、これからのイメージをつかむというテーマの講義とロードマップの作成。

地域おこし協力隊ステップアップ研修小林隊員
教授に目をつけられた悩める女将。

地域おこし協力隊ステップアップ研修会場
全国から集まった地域おこし協力隊35名。グループごとにわかれて、ロードマップをシェアしました。

地域おこし協力隊ステップアップ研修発表
2日目は、地域おこし協力隊OBに2名による事例紹介と、ロードマップについての意見交換&講師陣からのアドバイス。

研修後は、3人で京都観光。
研修会場は、滋賀県の唐崎駅。京都まで電車で15分ということで、
バスに乗って清水寺に行ってきました。
修学旅行ぶりで、もはや記憶にもほとんど残ってませんでしたが、新鮮な気持ちで楽しんでました。

京都の旅2015

Posted on 2015/02/04 Wed. 22:34 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。