09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

岩美町地域おこし協力隊1期生 活動日記

岩美町地域おこし協力隊1期生3人のブログです。2016年3月で任期満了になりましたが、その後もそれぞれ活動しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

「とっとりの元気づくり会議」に参加! 

とっとりの元気づくり会議」に参加しました。

鳥取県内の活動団体が、互いに活動内容やノウハウ、課題を共有し、意見交換することによって、より一層の活性化をはかり、とっとりの元気づくりにつなげるというもの。

主催は、鳥取県と(公財)とっとり県民活動活性化センター。
主催者挨拶のあと、テーブルごとに自己紹介と団体紹介、団体の課題と解決案を考えるワークショップが行われ、
名刺交換などの交流と2団体の活動PRが行われました。

いきいき直売よどや運営会
いきいき直売 よどや運営会 速水事務局長のPR

「資金」と「人材」を課題としている団体が多かったです…。

地域おこし協力隊の任期はあと半年となり、任期後も定住して“地域おこし”活動に携われるよう、
岩美町を活性化する団体を立ち上げました。
町も「チャレンジする若者がつどうまちをめざして」、地域創生総合戦略を策定しています。
まだカタチになっていませんが、他団体の事例も参考につつ取り組んでいきたいです。
スポンサーサイト

Posted on 2015/10/04 Sun. 16:50 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

04

かかしづくり3年目、コスモスの集い 

コスモスのつどい2015いかかし

今日は、浦富地区公民館なごみの館で、コスモスの集い。
地域おこし協力隊でコスモスロードに立てるかかしを1年に1体つくって、今年は3年目。
いままで地域の方にかなり手伝ってもらっていましたが、今年は私たちだけで(ほとんど岩田隊員で…)がんばって「いかかし」をつくりました!
コスモスロードには、「イワトビちゃんかかし」「はるちゃんかかし」「いかかし」が並んでいます。
今年は浦富歳の市実行委員会のみなさんによる大名行列もあって、にぎやかで楽しかったです。

ちなみに浦富歳の市は、2015年12月23日(水)9:00から浦富地区公民館で開催されます。
豚汁の無料サービスや、お正月用品の販売などが行われる予定。

コスモスの集い2015コスモスロード

コスモスの集いでは、浦富地区公民館から、地域のみなさんとコスモスロードを歩きます。

コスモスの集い2015ジバニャン

今年も新たにかかしが加わっています。

コスモスの集い2015コスモスの花

コスモスの見ごろは、10月中旬くらいになりそうです。
つぼみがたくさんありました。

買い物のついでにちょっと寄り道。観光の途中にコースを変えて。
ぜひコスモスロードにお立ち寄りください。

Posted on 2015/10/03 Sat. 12:05 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

03

智頭町山郷地区で「地域の課題解決向上」講座② 

いつもそれぞれ活動をしていますが、昨日は久しぶりに3人でセミナーに参加しました。
鳥取大学地域再生プロジェクト・鳥取県連携講座『現場で学ぶ「地域の課題解決向上」講座②』というもの。
参加者は、大学生や、行政職員、NPO団体など約50名ほどでした。

旧山郷小学校校舎

会場は、智頭町にある旧山郷小学校。
鳥取自動車道沿いで、関西方面のバスが停まる智頭福原バス停の近くです。
平成9年に建設され、15年間小学校として機能し、平成24年に廃校となりました。
現在は、今回のようなセミナーや研修、合宿などで利用されています。

旧山郷小学校見学

校舎内を見学。
山郷地区振興協議会の方が中心となって、小学校の利活用をしてきたそうで、農家レストランや、菓子工房、木とてづくりギャラリーが平成26年にオープンしました。

おむすびころりんの食事

昼食は、地元のお母さんたちの手作り料理を提供する農家レストラン「おむすびころりん」の料理。
おなかいっぱいいただきました。1人1,000円。

旧山郷小学校でSWOT分析

地域を分析するひとつの方法として、「SWOT分析」をワークショップで学びました。
「SWOT分析」とは、企業が目標を達成するために用いる経営戦略手法の一つで、地域の課題解決にも活用できます。

「S」は、Strengthで内部要因の強み、
「W」は、Weaknessで内部要因の弱み、
「O」は、Opportunityで外部環境のチャンス、機会、
「T」は、Threatで外部環境のピンチ、脅威。

まず、テーマを設け、この4つの視点から地域の状況整理を行い、他の項目とクロスさせながら地域の課題解決の方向を導くというものです。

地域によって、課題もそれぞれなので、こういった分析も行いながら、地域おこしを考え、参考にしていきたいです。


Posted on 2015/10/02 Fri. 18:04 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。