08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

岩美町地域おこし協力隊1期生 活動日記

岩美町地域おこし協力隊1期生3人のブログです。2016年3月で任期満了になりましたが、その後もそれぞれ活動しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

民泊の始め方と民泊における消防法 

先日、とっとり因幡グリーンツーリズムが主催する研修会に、地域おこし協力隊3人で参加しました。
今回は、「民泊の始め方、民泊における消防法、特産品の紹介等の研修」です。
岩美町の宿泊施設は、民宿と旅館が中心ですが、体験型の宿泊である農家民泊についても勉強したいと思い、始めるにあたっての手続き等を確認しました。
勉強した内容の復習になりますので、興味のある方は読んでみてください。

農家民宿開設は、農業者、漁業者、林業者またはその者と同一住居及び生計の家族等であることが条件です。
この条件を満たし、立地や開設場所に関する調査が問題なければ、関係法について各関係団体に、基準や必要設備を確認していきます。鳥取県東部の場合は、家の間取りがわかる平面図や写真を用意して、まず東部生活環境事務所環境・循環推進課に事前相談します。

「旅館業営業許可」について、ホテル、旅館、簡易宿所などの区分がありますが、民泊は簡易宿所の区分に当たります。
簡易宿所の場合、客室は延床面積33㎡以上(21畳)必要ですが、農家体験民宿等については適用外です。

「飲食店営業許可」について、食品衛生責任者講習を受ける必要があります。講習は月に1度あり、1日で修了。
キッチンの設備については、防火の壁で汚れがすぐに拭き取れる素材であることや、シンクと別に手洗い用の水道があること、木製の柱は1m20cmの高さまで囲うなどの決まりがあり、民家で営業許可はちょっとハードルが高いです。
ただし、共同調理であれば、飲食店営業許可は必要ありません。

次に、消防用設備等の設置基準について。
住宅スペースの方が広く、民宿スペースが50㎡以下の場合は、住宅と判定されますが、民宿スペースが50㎡を超えたり、住宅と同じくらい民宿スペースがある場合は、複合用途防火対象物となり、消防法の規制があります。
建物によって、設備も様々ですが、誘導灯や消化器の設置を検討しないといけないようです。

これらの調査が終わり、問題がなければ、営業をはじめられます。

岩美町の宿泊施設は、高齢化等の理由で廃業が相次ぎ、年々減少しています。
アニメ「Free!」の第2期も決定したし、今後も多くの観光客が岩美を訪れることを期待して、泊まれる場所が多様化して増えればいいなぁと思いました。

民泊のはじめかた@高砂屋
研修会場の高砂屋(鳥取市)
ちなみに、ここに写ってる若女将(小林さん)は、現在神戸のスペイン料理屋さんで料理の修業中です。
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/26 Sun. 23:23 [edit]

category: やーこん

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://iwamichiikiokoshi.blog.fc2.com/tb.php/64-e6d44e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。